~2022年1月1日よりスタート!「雇用保険マルチジョブホルダー制度」~

皆さんこんにちは!現在働いていて雇用保険に加入されている方でも、いざ定年したらどうなるんだろう…定年後も働きたいけれど、雇用保険に加入出来ないのでは…と不安に思われている方はいらっしゃいませんか?年金受給は原則65歳からなので、60歳で定年した場合5年間も無収入となり、その間だけでも働きたい方もいらっしゃいますし、そもそも70歳くらいまで元気に働きたい方もいらっしゃいますよね!

そんな方に朗報です。2022年1月1日より「雇用保険マルチジョブホルダー制度」が新たに設立されることとなりました。どんな制度なのか、一緒に見ていきましょう。

 

1.雇用保険マルチジョブホルダー制度とは

従来の雇用保険制度は、主たる事業所での労働条件が1週間の所定労働時間20時間以上かつ31日以上の雇用見込み等の適用要件を満たす場合に適用されます。
これに対して、雇用保険マルチジョブホルダー制度は、複数の事業所で勤務する65歳以上の労働者が、そのうち2つの事業所での勤務を合計して以下の要件を満たす場合に、本人からハローワークに申出を行うことで、申出を行った日から特例的に雇用保険の被保険者(マルチ高年齢被保険者)となることができる制度です。

まとめると、被保険者となるための適用条件は次の通りです。(厚生労働省資料より抜粋)

《適用条件》
① 複数の事業所に雇用される65歳以上の労働者であること
② 2つの事業所(1つの事業所における1週間の所定労働時間が5時間以上20時間未満)の労働時間を合計して1週間の所定労働時間が20時間以上であること
③ 2つの事業所のそれぞれの雇用見込みが31日以上であること

例えば、介護施設の送迎ドライバーを週5日、1日2時間、病院の清掃業務を週5日、1日2時間契約で働き、雇用見込みが31日以上であれば雇用保険に加入できることになります。フルタイムとは大幅に勤務時間が異なりますが、下記の通りいわゆる失業保険の給付対象となりますので加入できるメリットは大きいですよ!

2. 高年齢求職者給付金について

マルチ高年齢被保険者であった方が失業した場合には、一定の要件を満たせば高年齢求職者給付金を一時金で受給することができます。 離職の日以前1年間に、被保険者期間が通算して6か月以上あること等の要件があります。およその計算式は以下となります。

 

厚生労働省資料より

高齢で失業した場合は職を見つけることが困難なので、年金受給開始前や住宅ローンが残っている場合などは特に、失業給付金があるのとないのとでは心の余裕が全く違ってくることになります。

3. 手続き方法

では加入するための手続きはどのようになるのか、簡単にご紹介いたします。

雇用保険に加入・脱退の際、会社勤めであれば人事部など会社側に行ったもらっていたと思いますが、雇用保険マルチジョブホルダー制度は、本人が手続を行う必要があるため注意が必要です。手続に必要な証明(雇用の事実や所定労働時間など)は、事業主に記載を依頼して、適用を受ける2社の必要書類を揃えてハローワークに申し出をお願いします。現時点では電子申請の受付は行われていないようです。

こちらの図を参考にしていただくと理解しやすいと思いますのでご一読ください。

厚生労働省資料より

4. まとめ

来年より新たにスタートする雇用保険マルチジョブホルダー制度について、いかがでしたでしょうか。

雇用保険に加入したくてもできていない労働者の方にはぜひ知ってほしい制度ですし、事業者の方には労働者から申し出があって初めて知ることのないように認識しておいていただきたい制度だなと感じました。

まだ自分には定年後のことなんて関心がない!という方も、早いうちから老後の資金繰りついて考えておくと後々安心できますよ。定年はまだまだという方もすでにお悩みの方も、一度老後の働き方について考えてみませんか?!

良くも悪くも制度はどんどん変化しきますので、情報チェックはこまめに行いましょう。