パートさん必見!2022年10月より社会保険適用条件が拡大されます!

皆さんこんにちは。早いもので、もうすぐ夏も終わりですね!

さて今回は、来年10月より適用条件が拡大となる社会保険についてお話していきたいと思います。

現在パートでお仕事を探されている方や、扶養内でのお仕事をお探しの方にとって大変大きな条件変更ですのでぜひご一読ください。

変更後の条件に該当する場合、『年収130万円以内=扶養内で社会保険料負担は無し』ではなくなるので要注意ですよ!!

 

かわいい豚さんの貯金箱のイラストかわいい豚さんの貯金箱のイラストかわいい豚さんの貯金箱のイラスト

 

1.これまでの社会保険適用条件

ご存知の方も多いと思いますが、変更後の適用条件を見ていく前にまずはこれまでの適用条件を確認していきましょう。

2021年現在、社会保険の加入条件は以下の通りとなっています。

  • 常時雇用者
  • 1週の所定労働時間および1月の所定労働日数が常時雇用者の4分の3以上あること

※ただし、所定労働時間を1カ月単位で決めている場合は
   1カ月の所定労働時間×12カ月÷52週間 > 常用雇用者の4分の3 の計算式で判断。

  • 特定適用事業所(常時500人を超える適用事業所のこと)では(1)~(4)をすべて満たすこと

(1)1週間の所定労働時間が20時間以上であること
(2)同一の事業所に継続して1年以上使用されることが見込まれること
(3)報酬の月額が8万8千円以上であること
(4)昼間部の学生でないこと

社会保険の加入条件のほうが週の労働時間が長いため、雇用保険に加入していても社会保険には加入していない方もいらっしゃいますよね。

また、社会保険料を考慮して扶養内で働きたいため、労働時間を抑えている方もいらっしゃるかと思います。

しかし、社会保険の加入対象の範囲を広げ、加入者を拡大する狙いから特定適用事業所の要件は2020年6月の年金制度改正法で今後段階的に引き下げられることが決まっています。

ではどのように変更されるのか、他の変更点と共に見ていきましょう。

2.2022年10月からの社会保険適用条件

今回の社会保険適用拡大に伴う変更点は、主に雇用期間と企業の従業員数に関するものの2点となります。

  • 雇用期間に関する変更点

変更前「雇用期間が1年以上見込まれること」

変更後「雇用期間が2か月以上見込まれること」

  • 企業の従業員数に関する変更点

特定適用事業所(常時500人を超える適用事業所)の定義が変更となります。

変更前「社会保険の被保険者の総数が常時500人を超える事業所」

変更後 2022年10月~「社会保険の被保険者の総数が常時100人を超える事業所」

    2024年10月~「社会保険の被保険者の総数が常時50人を超える事業所」

 

いかがでしょうか。法改正後は「雇用期間1年以上」要件が撤廃され、さらにより小規模の企業でも適用されることとなります。

例えば正社員数120人の企業で1日5時間、週5日勤務の方や1日6時間、週4日勤務のパートの方などは今まで対象外でしたが、雇用期間が2か月以上見込まれれば社会保険適用の対象となります。2024年10月以降はさらに社員数50人以上の企業で適用となり、今後大幅に適用対象者が増加することとなります。

<変更点まとめ>

 

現行 2022年10月~ 2024年10月~
事業所規模 常時500人超 常時100人超 常時50人超
労働時間 週の労働時間が20時間以上 変更なし 変更なし
賃金・給与 月額88,000円以上 変更なし 変更なし
勤務期間 雇用期間1年以上の見込み 雇用期間2か月以上の見込み 雇用期間2か月以上の見込み
適用除外 学生ではないこと 変更なし 変更なし

 

※参考:社会保険労務士 こころざし経営労務事務所HP

 

3.変更後のメリット

扶養内で社会保険料なく働いてきたのに、加入対象になったら毎月の手取りが減ってしまうーーーそう感じる方も多いでしょう。

ですが、その分メリットも大きいですよ!

まず、厚生年金保険への加入により将来の年金受給額が増えます。病気やけがの後遺症で生活や仕事などが制限されるようになった場合は障害厚生年金が給付されます。また、万が一亡くなった場合、遺族に遺族厚生年金が支給されます。

次に、健康保険では国民健康保険にはない傷病手当金や出産手当金の需給が可能になったり、保険料が会社との折半になるため国民年金や国民健康保険に加入している方は保険料が安くなることがあります。

社会保険料の支払いのために月々の手取りが減ることになっても、扶養の範囲を超えて働くことができれば収入は保てますし、その他のメリットを考慮すればいつ何が起こるかわからない将来のために、社会保険に加入していると安心できるのではないでしょうか。

4.まとめ

働き方の多様性が叫ばれ、女性や高齢者も働き手として定着してきたり、企業での副業解禁など柔軟な働き方が求められる時代になりました。

そんな中、誰もが将来を安心して暮らせるよう、社会保険について適用拡大となっていくことは自然な流れなのかなと感じます。

今までなんとか勤務調整して扶養内を保ってきた方や、これから扶養内で働こうと職探しをしている方はぜひ、来年からの働き方を再考してみてはいかがでしょうか。

社会保険に入ることでメリットは複数ありますが、特に年金が増えることは将来の大きな安心感につながると思います。

自身で行うと大変な確定申告の手間もなくなりますよ。

厚生労働省の社会保険適用拡大特設サイトでは年金額や保険料のシミュレーションをすることもできますので、気になる方は一度ご確認くださいね。

*参考*

社会保険適用拡大 特設サイト|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

税務署のイラストパソコンをするかわいい女性のイラスト