『高齢者施設でのイベント・レク アイディア集 ~ 1月 ~』

友だち追加

新年、あけましておめでとうございます!お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか。

ただ”冬だから””寒いから”だけでなく、お雑煮やおせちなどの季節を感じられるお料理や初詣やお年玉といった行事があるからこそ、”お正月がきたな”と実感できますよね。

高齢者施設で勤務されている方の中にはこのイベントやレクのアイディアを出すこともお仕事になっている方も多いことと思います。ですが、日々業務に追われている中で入居者様に安心・安全に喜んでもらえるアイディアを考えることは負担と感じている方も多いのではないでしょうか。

また、これから働こうと考えている方はどんなイベントやレクがあるのか気になりますよね。

そこで今年は、季節の行事を織り交ぜながら高齢者施設で楽しんでもらえそうなイベントやレクのアイディアを毎月お届けしていこうと思います。では早速、1月からスタートします!!

 

※補足

イベント(行事)=節分やひな祭り、運動会やクリスマスなど施設全体で「行事」として行われるもの。

レクリエーション=生活の中にゆとりと楽しみを創造していく多様な活動の総称。ゲームや園芸など。

 

《1月のイベント》

  • 初詣

こちらはご利用者様に喜んでもらえるイベントなのでぜひ実施して頂きたいのですが、外出イベントになるためいくつか注意が必要です。

有名な神社を目的地とすれば三が日は混み合いますし、遠すぎると長時間の移動でご利用者様の身体が心配なので地域の氏神様のような気軽に訪れられる場所が良いでしょう。

また、車椅子でも利用可能なトイレがあるかもチェックが必要です。

寒い時期での外出なので、突然の体調不良も考慮して、できれば看護師も付き添いができればベターです。

  • 新年会

最近では新型コロナウイルスの流行により実施が難しくなっていると思いますが、流行が治まったらぜひ1年の最初のイベントとして盛り上がりましょう。

スタッフとご利用者様が一緒になって出し物を行うのも良いですし、せっかくの機会なのでゲームなどでご家族も参加して頂ければより良いイベントになりそうですね。

  • 鏡開き

地方によっても異なるようですが、鏡開きは毎年1月11日です。

老人ホームやデイサービスでもお正月の間にお餅を飾っていたところもあるかと思います。

お餅をみんなで叩くということ自体盛り上がりますが、終わったあとにお餅を利用してぜんざいを作ってみんなで楽しむこともできるので、大変おススメなイベントです!

  • 初釜

初釜(はつがま)とは、年が明けて最初のお茶会のこと。ご利用者様は昔、着物を着ていたことも多かったので着物姿でお茶を入れているのを眺めるだけでも昔を懐かしんでいただけることでしょう。

また、ご利用者様の中に茶道の経験がある方がいらっしゃる場合もあるので逆に細かいマナーなど教わることができるかもしれませんね。みんなでお茶を飲めば会話が増えること間違いなしです!

  • 七草がゆ

1月7日に1年間の無病息災を願って食べる七草粥。お正月の間に食べ過ぎた胃腸を休めるためにも取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

《お勧めのレク》

  • 書初め

1年の初めに今年の目標を掲げてもらいましょう。書いたものは壁などいつでも目にできる場所に貼って忘れないようにすると良いでしょう。

  • かるた、百人一首

大勢で一枚のカードを探し、俊敏さや冷静さを問われるので頭の体操にもなります。

市販のかるたを利用するのももちろん良いですが、枚数が多いのでレクの時間を利用してみんなで作成してみるのも面白いのではないでしょうか。

その他、すごろくやコマ回し、羽子板遊びなど昔ながらのゲームをするのも良い季節です。

 

最後に、イベントやレクを行う際はぜひカメラを携帯し、施設のホームページがあれば掲載しましょう。

写真があるのとないのでは施設の雰囲気の伝わり方が全然違いますよ!

何もなければ孤独でマンネリになりがちな施設での生活。イベントやレクでスタッフや地域ともコミュニケーションを取って頂き、楽しく過ごして頂きましょうね。

それでは今年最初のコラムはここまで。本年もどうぞよろしくお願いいたします。