『ビオネストキャリア社員紹介』~安井~

皆さんこんにちは!

6月に入り新たに弊社の社員が入社致しましたので、引き続き順番に社員を紹介致します。

今回は安井です!2021年6月入社。今後も名古屋支店勤務予定の、気さくで話しやすい女性です!

彼女にもビオネストキャリア入社前の経歴や今後について語ってもらいました。

様々な苦労を乗り越えての入社。どうぞご一読ください。

 

「”最後の転職”、応援します」

 

1.ビオネストキャリア入社前の経歴

「クレームですら、”良い思い出”」

 

前職はホテルのフロントとクレジット会社。どちらも接客業で、直近で正社員として勤務していたホテルではフロントリーダーも勤めました。

日々たくさんのお客様やスタッフと接する中で、自らのミスだけでなく他スタッフのミスのカバーやお客様からのクレーム対応、時には「夜中にお湯が出ない」といったトラブル対応まで行い、

大変なことも多かったです。ですが、仕事が好きで今思い返せばどんなことも含めて「良い思い出」になっています。

 

では満足している職場なのに、なぜ転職を決意したのかーーー?

それはただ一つ、『将来を見据えて』ということでした。

正直なところホテルのフロント業は私に向いていましたが、シフトを組んで夜勤もあり、不規則な生活になります。年齢を考えた時、この生活スタイルで定年までやっていけるのかという不安がありました。

そこで生活スタイルの安定を考慮し、まずは事務職を考えました。

しかし事務職としての経験がないためなかなか社員登用は難しく、なんとか3年後に社員登用という条件で派遣社員として就業したものの

新型コロナウイルスによる勤務先の経営状況悪化の追い打ちや待遇面での不安定さがあり、3年以上勤めましたが、もう一度考え直すことにしました。

 

2.ビオネストキャリアの入社理由

「最後の転職、好きなことをしよう!!」

 

事務職を経験したもののやはり接客が好き、という感覚を持っていました。

転職活動をするうちに、「次の転職は最後の転職。せっかくやるなら好きなことをやりたい!」という意識が強くなり、コロナウイルスの影響で求人が少ない中、

ホテルのフロントから視野を広げて色々な人と関われる求人を探しました。

20代、30代ならまだしも今の自分にはただでさえ転職は厳しいことは承知の上での転職活動でしたが、年齢の壁の他にも求められている資格が無かったり経験年数が足りなかったりと

将来や現状への不安でいっぱいでした。落ち込む事も、数えきれない位ありました。

そんな中、出会ったのがビオネストキャリアです。

営業は未経験ですが、以前、派遣社員のお世話をしていたことがあり経験を活かせると感じたことと、

営業ですので人との関わりが多く、接客業での経験も活かせるのではと感じたことがきっかけです。

面接を通じ、ビオネストキャリアの雰囲気や人の良さに触れ、ぜひこの会社で頑張りたい!と意思が固まり、内定通知を受け取った時は感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

3.今後の意気込み

「人に優しく、自分に厳しく、相手の幸せの為に真剣に向き合う」

 

私は年齢・資格・経験の壁と、本当にたくさんの「壁」を自分自身で実感してここへ来ました。

転職は不安なことだらけです。落ち込んだ経験があるからこそ、皆さんの気持ちを理解し、お役に立てると思っています。

入社したばかりでまずは業界について勉強していかなければならない段階ですが、施設側も求職者側も「来てくれてよかった」と笑顔になって頂けるよう

日々精進して参ります。

 

「人にやさしく、自分に厳しく、相手の幸せの為に真剣に向き合う」をモットーに頑張っていこうと思いますので、ぜひ気負いせず友達感覚で相談して下さい。

納得ができる職場が見つかるまで、とことん付き合います!

どんな小さなことでも構いません。不安や展望などあなたのことを教えてくださいね。

より良い転職になれるように、最後の転職になるように、素敵な職場を一緒に見つけましょう!!

 

 

筆者より一言

自己紹介、いかがでしたでしょうか。

転職の厳しさを自身が経験してきていることは、求職者の皆様にとって大変心強いことですよね。

営業は未経験というものの、インタビューを通じて話しやすさや思いやりのある人柄が伝わり、きっと皆様も安心して相談できるのだろうなと感じました。

入社間もない安井の応援、どうぞよろしくお願い致します。

ビオネストキャリアはいつも明るく皆さんをお待ちしています。気になる求人があればどしどしご応募くださいね。

 

 

一緒に頑張りましょう。ご応募お待ちしております。